« まとめ | トップページ | ソンナにも…。 »

2008年8月 1日 (金)

スタイル(美的感覚)

分かったのだ。

今日、気付いた。
他人の所作に違和感を覚えるトキ、自分の持つスタイルと異なるスタイルがベースになってるコトが多い。箸の持ち方、ゴハンの食べ方、字の書き方…等々イロイロある。今日気付いたのは、『モノを食べる時の所作』についてなんダケド、ま、細かいトコロはWebで………はっ、スデにWeb上やった( ´艸`)。

昔、ある方法で当時の後輩の箸の持ち方を矯正したコトがある。…アニキはこの話覚えてると思うケド。こう言った一般的な所作については"誰もがする事"なので多数決的な要素も孕むケド、自分の美的感覚にハマル形に落ち着くと、まるで空気のように気にならなくなるモンだ。

チョットしたコトなんダケドねぇ…(⌒▽⌒;A。

|

« まとめ | トップページ | ソンナにも…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

≪maimaiさん≫
なぬ?ソレはイカン!!
"後輩のを直した"方法ってのは、
後輩に超高級躾箸を買い与えたのだ。
それで直らなかったら、一生メシ食いに連れてってもらわれへんと感じるやろ(´▽`*)??

ただ『やれ』とか『直せ』ダケでは後輩や部下は付いて来ないのだ。
『頑張れば何かある』って目標の与え方。
人心掌握術の一つなのだo(*^▽^*)o。

maimaiは後輩や部下じゃないので、コンナ方法を使う気は毛頭ナイけど、その気があるのなら"躾箸"送ってあげるよヾ(*´∀`)ノ。

投稿: ジャック | 2008年8月 6日 (水) 01時23分

こっちの人はお箸持つのみんな上手。
でも私は鉛筆握り。

で、この間OZの子供が「maiの箸の持ち方なんか違う」って言ってきた!

きゃ~(汗)

するとその子のママが「maiの持ち方は日本スタイルよ、私たちの持ち方はチャイニーズかなんかで適当に覚えたから・・」と。

ち、ちがいます!君たちの持ち方が正しいのです!!
と言えなかった私・・爆

投稿: maimai | 2008年8月 5日 (火) 21時47分

≪ひかりちゃん≫
江戸っ子のじいちゃんからの躾なら
さぞ、厳しかったやろなぁ…(⌒▽⌒;A。
細かいコトやからこそ、大事なコトやと思うわ。
"気付く"か"気付かない"か。
…たった、それだけの事なんダケドねぇ(⌒▽⌒;A。

投稿: ジャック | 2008年8月 2日 (土) 23時16分

≪ひよりさん≫
タシカに"普通"って括りが難しいですよねぇ。
ただ、モノを食べる時の所作ってのは、ヤッパリ気になります。
自分がコノコトを考える時、イツモ2つのコトが頭を過ぎります。

『衣食に足りて礼節を知る』
『親の顔が見たい』ってコトです。

食べ方・所作がキチンと出来てなければ、
『この人は幼い頃から、ゴハンを食べるのがやっとの生活を続けて来たのかなぁ…?』と感じるし、
『こんな事も躾られないナンテ、一体どんな教育を受けて来たのだろう?親の顔が見てみたい…。』と感じてしまいます。

他人からそんな事を思われる様では、
コレまで育ててくれた親に申し訳ナイ。

…出来てない人がそう感じることが出来る様になるには、時間ときっかけが必要なんだろうなぁ…と思います。

だから、私たちに出来る事は、せめて身の回りに"まだ気付けてない人"が居るなら、口ウルサク思われようとも、言い続けてあげるコトしかナイのかなぁ…(⌒▽⌒;A。

投稿: ジャック | 2008年8月 2日 (土) 23時04分

それわかります!!
お箸の持ち方、小さい頃おじいちゃんに泣く泣く矯正されました><
いまになって食べ方とか歩き方は初歩的だけど重要だなぁと思います。
身が美しいって書いて「躾(しつけ)」ですからねぇ~。。

投稿: ひかり | 2008年8月 2日 (土) 20時50分

食べる時の所作って、なんだか気になるよね。

多数決にはなるんやろけど、結局それが自分の常識ってことになるので、やっぱり「普通」ってのが人それぞれ違い過ぎて1番難しいのかもしれないね。

タトゥーを入れた大きな娘に「それはどーなん?」と聞くと、「普通やん!」と返されました。普通なんかどうかはやっぱり難しいことです。

でも娘には食べる時には口を閉じるとか、口うるさいくらいゆーてしまいます。普通に気になるので…

投稿: ひより | 2008年8月 2日 (土) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480966/22715017

この記事へのトラックバック一覧です: スタイル(美的感覚):

« まとめ | トップページ | ソンナにも…。 »