« ソレは"飲めない"。 | トップページ | 今日という1日 »

2008年10月12日 (日)

勝武士の最期

阪神民族(ファン)でも意見が二分しそうなコノハナシ…。

≪阪神・岡田監督、辞任へ≫
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081012-00000103-jij-spo

阪神民族虎党アンチ岡田派に属する自分としては、「やっとか…。」ってカンジなのだ。ただ、"最期の潔さ"に関してはアンチの自分もスゴク高く評価できると思う。マワリは慰留ムードタップリなのに『もう決めてる』と意思を貫こうとする辺り、"武士の最期"なのだ。岡田監督、天晴れ。大義であった。

政治家の辞任に関しては『無責任だ』と感じるケド、プロ野球の監督の辞任には『責任感』を感じる。シゴトの内容と任期のどの辺りで辞任するかのタイミングの差でコンナにも感じ方が変わるモノなんだなぁ…ナンテ思ったのだ。

イロンナ見方がアルと思うケド、自分の思う監督のシゴト優先順位1位は"采配"だと思う。自分がアンチ岡田派になったのは『何で今(交代)??』を多く感じたからだ。実際、"亀新フィーバー"の頃、引退直前の岡田選手は好きだったモンなぁ…。"名選手是名伯楽"とはナカナカなれないモノなのだ。実績的には在任5期で優勝もしてるので、名伯楽に分類されるのかも知れないケド、その実績も実際は"野村の種蒔き"から始まった二毛作の二毛目(こんな数え方するのかな…?)の刈り取りに過ぎない。野村監督がソレまで痩せ・荒れていた"阪神"と言う土壌を耕し、種を蒔いた。スクスク育てた稲穂の一度目の刈り取りを星野監督・島野コーチが担当し、もう一度刈り取れる状況を作って、二度目の刈り取りを岡田監督に託した。岡田監督はそれを一生懸命刈り取った。次の作付けは二の次で…。自分はそんな印象を感じた。もしも、コノ印象が間違ってて、野村監督のようにシッカリ耕地・種蒔きが出来ているなら、来年以降の阪神に期待したい。

次の監督誰になんねやろ…。

"川藤監督誕生"やったら、毎年Bクラスでも一生懸命応援するなぁ。…なんかしてくれそうやし( *´艸`)。

まぁ、"ナイ"わなぁ…。

|

« ソレは"飲めない"。 | トップページ | 今日という1日 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

≪ひよりさん≫
ま、順当なトコなら平田・和田辺りでしょうねぇ…。でも、生え抜きから監督を選ぶ人事には、アマリ、意味がナイ様に思います。ココまでの野村・星野・岡田を見れば、球団は如何にチッポケなコトに拘ってるのか気付きそうなモンやけどなぁ…(⌒▽⌒;A。

思い切って、首脳陣はオールスターばりに
『ファン投票で選出』とかにすれば
サラに応援するのも楽しくなりそうなのに…ヾ(*´∀`)ノ。

………ソレなら、川藤にも目がありそうやし…( *´艸`)。

投稿: ジャック | 2008年10月15日 (水) 02時23分

今回の辞任は仕方ない。だってジャックさんのゆーよーに「メーク汚点」よ。

球史に残るようなことなんやし…

私の関心は既に次の監督を誰がやるかってこと。阪神の生え抜きだけ見ても、コレ!ってゆーのが見当たらない…


川藤ならオモロイやろけど有り得ね〜って感じですね。

投稿: ひより | 2008年10月14日 (火) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480966/24462939

この記事へのトラックバック一覧です: 勝武士の最期:

« ソレは"飲めない"。 | トップページ | 今日という1日 »