« 要チェックやわ…。 | トップページ | farewell »

2009年1月30日 (金)

短く終わらせようと思って書き始めた日記が、書いてる内にアツクなって来て、思いの他長くなってしまうパターンの日記。

スデにタイトルが長い(笑)。

昨日はナニゲに文字日記にしてしまったので、きっと、相方ちゃんとワード検索でコノ日記に来てくれた人以外は、『MR.BIGって誰??』ってカンジだったんじゃナイかと言うコトにはたと気付いた。

ので、今日は『誰でもわかる、早分かりMR.BIG YouTube集』~ヾ(*´∀`)ノ。

まず、昨日の日記にも登場した全米チャート1位を獲得した『To be with you』。MR.BIGを知らない人でも必ず一度はコノ曲を耳にしたコトがあるはず??なのだ。

コノ頃のエリック、スゴイかわいい…なんか子供みたいで(笑)。コノ曲は確か、エリックが14才の頃に書いた曲で、本人はアルバム収録を嫌がったケド、メンバーにイイ曲やから入れようって説得されてアルバム入り⇒シングルカット⇒全米チャート1位って流れだった様に記憶してる。…ケド、得意の『うろ覚え』なのでサダカじゃないのだ(笑)。

次はコノ曲。サブタイトルに『エレクトリックドリル・ソング』とクレジットされたコノ曲は、その名の通り、ギターソロ時にベースとユニゾンで揃って電動ドリルを使って演奏する。初めて聞いたときはブッ飛んだのだ。『Daddy, Brother, Lover, Little Boy』

かんちゃんと何が一番ドリルのモーター音に近いか、イロンナ物を試してみたなぁ。結果、チュッパチャップスを回すおもちゃのモーターが一番近かったってのには笑った。コノドリル、ニポンの『マキタ社』製で、彼らはドリルのメーカーにも拘ってた。その話を聞きつけたマキタ社が彼らにドリルを供給したり、ジャパンツアーのスポンサーになったりしてた。イイ会社なのだ。で、MR.BIGからも感謝の気持ちを込めて、マキタ社の社歌に…的に『I love you JAPAN』なんて曲を作ってジャパンツアーで演ってたなぁ。マキタ側からオファーがあったとかなかったとか…。

エリックはB'zの松本氏と『TMG』をやったりしてたので、知ってる人は知ってると思う。でも、最近の若い人たちがメンバーの中で唯一知ってる可能性があるのは、ギターのポール・ギルバートだろう。Love×2愛してる~堂本兄弟にかけて、サブ・メンバー的にチョコチョコ出てるからねぇ。ファン的には"良し悪し"やねんケド…。ニポンのTVでは、比較的軽めの曲ばかり弾いてるから、昨日の自分と相方ちゃんの『超絶』ってやり取りに、最近のTVでのポールしか知らない人は『??』だったと思うのだ。でも、ベースのビリー・シーンとポール揃って『超絶』なので、ポールのその辺りを分かってもらえるヤツを貼り付けて、今日の日記はお終いにしよう。もう、結構眠いです…(笑)。

『Colorado Bulldog』

コノ曲はキチンとエリックの歌も入ってる曲なんダケド、どれもこれも『超絶』が分かりにくかったので、ポールの教則ビデオのヤツにしたのだ。…『超絶』でしょ(笑)。更にコノ曲は、出来上がり方も超絶なのだ。レコーディングか何かのタメにみんなでスタジオに入ってたトキ、ポールがナニゲに弾いたアドリブの早弾きを、ビリーが『今のヤツ、逆回しで弾ける??』と。ポール『出来るよ』と。で、やってみたらイイカンジ。コノ曲のイントロにしましょうかねぇ…ってカンジだったと思う。アドリブを覚えてて、逆回しで同様のスピードで弾けるて…。アンタ、どれ程『超絶』やねん(笑)。

そんな彼らの再結成。待ち遠しいのだ~ヾ(*´∀`)ノ。

|

« 要チェックやわ…。 | トップページ | farewell »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

≪相方さん≫
ま、せやろなぁ…。
最近の若い子の間で流行ってる様な曲は
テクニックなんて無縁のトコにある曲バッカリやもんな。

俺らが現役の頃は、
メタルとは対極に位置するフュージョンとかでも、
気になって見たり聞いたりしてたもんなぁ…。
渡辺カツミ(漢字がビミョウなのでカタカナにした)とかTVに出てたらチェックしてたし。
ロックドラマーのブリテンさんも畑の違う
東原力也のクリニックに行ったりしてはったしね。

悲しいかな、世の中変わって行くんだねぇ…。

オジーもバランス大事よ。カリスマじゃアルケド。
ジョー・ホームズの時にアルバム出しても、
イマイチ聴く気にはならんかったと思うし。
だから、オレにとってはNo More Tearsが彼の最高傑作のままよ。心地よいギターの音、アルバムの曲構成、メタル界の帝王とは思えない位キャッチーなメロディアスさ、マイケル・ランディコンビの絶妙のグルーブ感、何よりアノ頃のザックは最高にカッコ良かったし。

価値観の問題なので『それがイイんだ』なんて
他人に押し付けるワケにも行かんケド、
…今の音楽シーンを見てると一寸寂しい気がするよねぇ。

投稿: ジャック | 2009年2月 1日 (日) 22時17分

楽器隊が全員「超絶」で、唄が負けてないバンドってそうそう無いからね!
で、曲も良しってバランス。
ま、EXTREMEとVAN HALEN(ボクはサミーヘイガー時)とかくらいかな。

「超絶」だけならイングヴェイとか色々いてるけどね。
やっぱ唄も曲も良く無いとね!

オジーとかホワスネみたいなカリスマボーカリストとバックバンドって感じも好きやけど、バンド感も大切やからねぇ。

やっぱHR&HMやってた人間は「テクニック」って部分に強く魅かれるみたいやね。
あと「機材」とか「音色」とかね。
いろんな部分に「コダワリ」があるみたい。
今、音楽好きな学生と話してたら「テクニック」的なコダワリは少ないわ。

投稿: norinoren【相方】 | 2009年1月31日 (土) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480966/27623352

この記事へのトラックバック一覧です: 短く終わらせようと思って書き始めた日記が、書いてる内にアツクなって来て、思いの他長くなってしまうパターンの日記。:

« 要チェックやわ…。 | トップページ | farewell »