« ジャックラボ7 ~サラにその後~ | トップページ | …ダケなのに(⌒▽⌒;A。 »

2009年5月 2日 (土)

治ったんチガウのん…??

今日は写真ネタを書く気でいたんだケド、

コレを書かないワケには行かない…。


<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

 「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。葬儀は9日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は妻の栗原景子(くりはら・けいこ)さん。

 東京生まれ。68年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド「RCサクセション」を結成、70年に「宝くじは買わない」でデビューした。72年には「ぼくの好きな先生」が、82年には坂本龍一さんと組んでリリースしたシングル「い・け・な・いルージュマジック」が大ヒットし、日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画などで活躍した。

 一方、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、政治的なメッセージを込めた歌も歌った。そのため、反原発を扱ったアルバム「COVERS」やパンクロック風にアレンジした「君が代」が入ったアルバム「冬の十字架」が一時、発売中止になったり、コンサートで突然「あこがれの北朝鮮」「君が代」を歌って、FM中継が中断したこともあった。

 06年7月に喉頭(こうとう)がんと診断され入院。治療を続けた後、08年2月に日本武道館で本格復帰した。しかし、同7月、左腸骨にがんが転移していたことが判明、再び活動を中止し放射線治療などを続けていた。

【2009.5.2 22:54配信 毎日新聞より】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000100-mai-soci

自分の辿って来た音楽の中にRCサクセションが特別色濃く…ってワケじゃないケド、ヤハリ、彼はニポンのロック・グラム・パンク等々イロンナジャンルの音楽をミゴトに自分のモノとし、具現化してた『ジャパニーズ・ロックの始祖』の一人だと思う。
小学3年のトキに始めてみた坂本龍一との『い・け・な・いルージュマジック』は、好き嫌いを超越して衝撃的だったのを今でも覚えてるのだ。

音楽の神が、マタ一人…。

ご冥福をお祈りします。

|

« ジャックラボ7 ~サラにその後~ | トップページ | …ダケなのに(⌒▽⌒;A。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

≪相方さん≫
らしいなぁ…。
世代的なモノなんか??60's mindな生き様やったよねぇ…。
"彼ら"に比べれば、ウンと健康的で長生き出来てるケド、
ジミヘンやジャニスの生き方に近いニオイを感じる
数少ない人やったよなぁ。

今日、会社でも上司とルージュマジックのPV?(ベストテンで流れてたヤツ)のハナシになったよ…。

ホント、残念…(;-_-)。

投稿: ジャック | 2009年5月 4日 (月) 00時20分

あんねぇ喉頭がんやったから、手術やと声帯も一緒に取っちゃうから、唄えへんくなるらしいわ。
それはアカンってことで、薬治療してたから転移したんよ…

確かに亡くなったのは悲しいが、素晴らしい生き様ちゃうかな。

投稿: norinoren【相方】 | 2009年5月 3日 (日) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480966/29406295

この記事へのトラックバック一覧です: 治ったんチガウのん…??:

« ジャックラボ7 ~サラにその後~ | トップページ | …ダケなのに(⌒▽⌒;A。 »