« Beyond 10 years | トップページ | ハリー・ボッテー ~復刻の館~ »

2009年7月13日 (月)

剥がれたメッキ。

昨日は都議選で民主大躍進だった様で。

一日明けると、への字口の首相が『信を問いたい』とか言うてるシマツ。

サラにヘノ字口さんのお仲間へのインタビューを見ると『(解散後の選挙を)党首交代ナシで戦えるのか?』的なコメントをしてる大パープーが多いコト。ドウ考えてもあらかじめシナリオが用意されてたと思われる過剰宣伝気味の茶番でヘの字口さんを党首に据えたハズなのに、コンナ僅かの期間で『アイツじゃ選挙を戦えない』ってどう言うコトなんだろう??しかも、思ってるだけならまだしも、彼らは全国放送のインタビューで平気な顔でそう言い放つ。『アイツが悪いから…』って、そう言う"アイツ"を『皆さん、コノ人イイですよ~』と大々的に宣伝した上で選んだのは、今インタビューに答えたアナタ達でしょ…。国民全員が投票できるワケでもない"総裁選挙戦"を4人並べてワザワザTVで何度も流し続けたのは、ドウ考えてもプロパガンダでしょ??

バカにしてるしてるにもホドがあるよねぇ…。

『盗人にも5分の理』とはヨク言ったもので、ドンナ政党にだって間違ってるトコもあれば合ってるトコもアル。言い換えれば、『ドンナ政党にも必要とされる時期がある』と自分は思う。今頃になって、溜まってた膿が噴出してきたので、問題山積な政党になってるケド、問題を先送りしてでも他にやらなきゃならないコトがある時期ってのは有るもんだ。そう言う意味では、への字口さんトコは高度経済成長期には他のどの政党よりも必要な政党だったろう。(やり方に問題はあったかも知れないケドね。)

だから、『国のタメに、国民のタメに~』とか選挙のトキには言うてるクセに、結局、"聖人"のメッキが剥がれ、自分のメシのタネとして"職業・政治屋"の下地が顔を覗かせ始めてる人の多い政党は、"今"、『求められてナイ』んだから、トットと諦めて身を潜めて欲しい。

引き際の潔くないヤツらは、とっても心証がワルイので、必要なトキが来ても再浮上のキッカケが掴めないと思うのだ。

『身を捨ててこそ、浮かぶ瀬もある』ってコトだね…。

|

« Beyond 10 years | トップページ | ハリー・ボッテー ~復刻の館~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480966/30535273

この記事へのトラックバック一覧です: 剥がれたメッキ。:

« Beyond 10 years | トップページ | ハリー・ボッテー ~復刻の館~ »