« 他人様から気づかされるとは…。 | トップページ | 飲み物たち。 »

2011年9月19日 (月)

コトの顛末。

…長かった。やっと、片が付いたのだ。

こっぱみじんこ!!で書いた事故処理がようやく片付いた。
交渉3ヶ月(自分は保険屋さんと交渉しただけダケド)、それなりに納得できる結末を得たのだ。でも、ヤッパリ、任意保険未加入者との事故はメンドクサイね…。

途中、何度か経過を日記にアップしようかと思ったケド、微細たりとも交渉に悪影響が出てはならぬと思い、コノ件に関しては、あえて更新してなかった。ま、サボリ気味なコノ日記のコトなので、傍目にはイツモどおり『ただ更新をサボってるだけ』に見えたと思うケド…( ̄▽ ̄;A。

結論的には、自分の車は全損で価格30万円、過失割合8対2と言うコトになったのだ。分かりやすく言うと相手方が8割方悪かったので、30万円の8割(=24万円)を自分に支払って貰う事になったってコトだ。

簡単に書くとそんなモンだが、ココに至るまでには紆余曲折があったのだ。最初の保険屋さんからの報告では、『相手が非を認めてます』ってコトだったが、それから少しして再度保険屋さんから電話。『このまま過失割合が決定ってワケでは無いんですが、報告と相談って形で…。相手方は非を認めた上で6対4だと主張してます』との再報告。
…オイオイオイオイオーイ!!コノ短期間でソノ変わり様、ゼッタイどこかで入れ知恵されてるやろ!!オッサン(相手方)にも腹が立ったケド、この時一番ムカついたのは、ジツはコノ保険屋さんの『相談』って言葉なのだ。

保険では無いが一般的に類似した業界とされる金融業界で約10年働いてた人間からすれば、コノ『相談』ってのがどう言うイミかなんて当たり前の様にワカル。要するに、『交渉がスムーズに行かないので、引いてくれませんか』ってコトだ。自分が交渉に当たってた時だって、そう言う意味合いで使ってたからね…。

でも今回はどう考えても納得いかなかったので、激昂してしまった。
『チョットぐらい交渉が難しいからって、自社の顧客であるこちら向けに交渉しようとはどう言うことや!コッチは多少の時間が掛かることは元より覚悟の上なので、納得できる結果を出してくれって最初から言うてるやろ!!無保険の者の片棒を担いで自社客の利・理を削るなんて交渉の仕方続けてたら、みんな保険に入る価値なんてないと感じるようになって保険屋の仕事そのものが衰退していくで!』と。

それから数日後、さらに報告。『相手方はよそ見してなかったし、ジャックさんの車も動いてたって、言い始めました。でも、早く円満に示談したいので、譲って6対4でって言ってます』と。

…はぁ??ココまで来ると、あきれてモノも言えん。

『コッチは1ミリたりとて引く気はありません!!時間はいくら掛かってもかまわんので、粘り強く交渉してください!!』

で、最終的に冒頭の結果を引き出したってワケなのだ。

大分、割愛して書いたケド、ホンマにめんどくさかった。任意保険に加入してないヤツは車に乗るなってホンマに感じた。みんな、キチンと保険に入りましょう~。

あー、長かった。3ヶ月やモンなぁ…(⌒▽⌒;A。

|

« 他人様から気づかされるとは…。 | トップページ | 飲み物たち。 »

忘備録」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480966/41836115

この記事へのトラックバック一覧です: コトの顛末。:

« 他人様から気づかされるとは…。 | トップページ | 飲み物たち。 »